山芋でグリーンカーテン

山芋でグリーンカーテン

 

 

最近はエコや節電目的でグリーンカーテンが流行っています

 

 

グリーンカーテンというとゴーヤやキュウリが有名ですが、
最近のグリーンカーテン人気のおかげで、グリーンカーテンに出来そうなツル性植物が 夏場になるとたくさん売り場に並びます

 

 

よく見かけるのがパッションフルーツやキワーノなどのツル性の果物やマンデビラやルコウソウなどのツル性のお花、そしてツルムラサキやおかわかめなどの葉物野菜として食べることのできる植物などです

 

 

そして、絶対とは言い切れませんけど、ほとんど出回らないのが山芋ではないでしょうか?

 

 

山芋は4月ごろに むかごもしくは山芋を土に植えるのが一般的です

 

 

3月ごろに買った山芋を放置すれば根っこが出てくるかもしれません
4月になったら深めのプランターやゴミ箱などに横にして植えるだけで、たいてい芽が出てきます
むかごの場合は収穫したのをそのまま土に軽く埋めておくといいみたいです

 

 

山芋はあまり株間をとらなくてもいけるようです

 

 

 

山芋のツルは1〜3本くらいヒョロヒョロと目を出し、そのまま何かに絡みつきながら伸びていきます
ツルの先を摘み取ったら横からツルが出てきましたけど、しっかりしたグリーンカーテンを作りたかったら たくさん植えるのがいいと思います

 

 

他の植物と併用してグリーンカーテンを作るのもおススメです
山芋はあまり他の植物の邪魔をしませんから、ツル性の他の野菜を作っても大丈夫そうです

 

 

 

自然薯のむかごなどを買ったりしたときに、プランターに20cm間隔くらいで軽く埋めておけば、春に芽が出てツルが伸びてきます

 

 

山芋として収穫するには むかごからだと3年くらいかかるみたいです
冬にツルが枯れたら掘り出して、また植え替えると芋が成長しやすいそうですね

 

 

グリーンカーテンも作れてエコな上に むかごや山芋まで収穫できたら色々楽しみが増えていいですね\(^o^)/

 

 

ただ、繁殖力が旺盛なので、
プランターでの栽培をおススメします

 

プランター栽培でも、お庭が土の場合はちょっと要注意です