むかごとは?

 

 

 

むかごとは?

 

 

【セール品♪】希少です!栄養満点 長いもの実 むかご 500g (零余子・ムカゴ)【2sp_120405_b】

 

 

 

むかごとは、春から夏に伸びた山芋のつるに秋ごろ付き始める山芋の実で、
むかごを炊き込みご飯などにすると ほくほくとした芋の滋味深い味わいが楽しめます。

 

 

このむかごを収穫したら土に植えておくと、3年ほどの時間をかけてゆっくり、山芋が育っていきます。

 

毎年山芋のツルにできる、小さいけれどりっぱな種イモ。山芋の赤ちゃん。それがむかごなのです。
ちなみに漢字で書くと「零余子」。ちょっと難しいですね

 

 

塩ゆでにしたり、カラッと素揚げにしたりすればビールのおつまみなどに最適☆
炊き込みご飯にしたりかき揚げにしたりすれば りっぱな食卓の主役になります。

 

 

その栄養価も山芋同様に高く、滋養食としてもひそかなブームです。

 

むかごを食べてみたい方はこちら

 

むかごは1〜4cm位の大きさで、コロコロと丸い形をしています。
つるに出来るむかごはその大きさがまちまちで、大きいものも小さいものもあります。

 

 

小さいものはむかごご飯にぴったりです。

 

 

むかごと言えば、ミスター味っ子っていう漫画や、お昼の番組ヒルナンデスなどでもちょっと取り上げられていました。

 

薬膳にもつかわれる栄養食材長いもの実 むかご(零余子・ムカゴ)。一度は話のタネに食べてみていいかもしれません。